まだ自社で作っているのですか?そのサイト本当に機能していますか?

WEBからの集客や売上を上げていますか?

なんといっても手間を減らせる

自社でWEBサイトを作る場合、どんなサイトにするかレイアウトを決めコーディングします。コーディングの言語は数多くありますが、近年ではHTML5が主流ですのでCSSなどはほぼ使われません。また単にコーディングをするのではなく、SEO対策やアクセス解析ツールの導入など工程は数多くあります。
プロへ依頼するとこれらの手間を一気に解消できますので、別の業務を遂行できます。時間と人員に空きがでるのは、企業にとって一番うれしいものですし、業者へ依頼することで確実なWEBサイトが出来るので安心です。
公開したサイトはユーザーだけではなく、社員が閲覧する事で「こんな経営方針なのか。」「普段話すことができないCEOはこんな事を考えているのか。」といった、社内教育にも向いています。

売上アップに貢献?

WEBサイトの制作を依頼するメリットはこれだけではありません。実は依頼したサイトの方が、集客・売上共にアップしやすいとデータが出ています。
考えられる理由はこれまでに多くのサイトを作ってきた経験、そしてユーザーの目線に立って制作が出来るからではないでしょうか。自社制作であれば、どうしても企業目線になってしまいます。それを第三者である制作企業であれば、ユーザーのニーズと企業のニーズの両方を知りながら制作が可能です。
また様々な言語を修得している業者がほとんどなので、操作性の良い分かりやすいWEBサイトを作ってくれるといえます。これらを踏まえてもWEB制作は自社で作るよりも、プロの業者へ依頼するべきだとわかります。


この記事をシェアする