まだ自社で作っているのですか?そのサイト本当に機能していますか?

デメリットを知り自社が求めているものを見極める

費用が発生するのは大きな負担

何らかのサービスを利用する場合、それに伴った費用が発生します。WEBサイト制作も当然のことながら、費用が発生します。
自社制作であれば、コストが発生したとしても比較的安価ですしツールやソフトウェアを購入した場合も、その企業の財産になるのでリスクはありません。またWEBサイト制作というネットを通じたサービス、ものづくりの一種ではあるが実体のないデータ上のサービスですので費用相場を図るのが難しいケースもあります。
相場としては企業のWEBサイトであれば20~30万円、そして更新の際に発生する料金です。ECサイト(通販)の設備を導入するなら更に費用がアップし50~100万円程度になるケースもあります。この料金を支払うべきか否か、判断するのはアナタです。

更新頻度が自分で決められない

企業のWEBサイトもブログやSNSの様に毎日更新するものでしょうか?答えはノーです。企業WEBサイトというのは、企業情報や理念、提供しているサービスを掲載しているので頻繁に更新する必要はありませんし、毎日新しい情報をアップするのであれば別にブログを立ち上げると良いですね。
ちなみに業者へサイト制作を依頼した際に、定期的に更新するサービスを提供しているケースがあります。しかしその期間は業者が決めているので、自由に更新することはできません。そのため、頻繁にサービスを更新する、または起業して間もないためこれから多くの部署やWEBサイトに告知する情報がある場合は、プロへ依頼するのは控えた方がよいかもしれません。
更新の際に発生する費用に関しては、業者へ直接相談すると良いでしょう。


この記事をシェアする